ブログのお引越しをしました!

新しいブログはコチラです↓↓
「ペタンクとイタグレ・プッチーニ」
http://blog.goo.ne.jp/petanquepuccini


2012年05月28日

こんぴらさん・・・

香川の旅

”金毘羅”=こんぴらさんへ行きました。

konpirasan.jpg
金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社。こんぴらさんと呼ばれて親しまれており、金毘羅宮、まれに琴平宮とも書かれる。明治維新の神仏分離・廃仏毀釈が実施される以前は真言宗の象頭山松尾寺金光院であり[1]、神仏習合で象頭山金毘羅大権現と呼ばれた。現在は神社本庁包括に属する別表神社、宗教法人金刀比羅本教の総本部。全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮でもある。

長く続く参道の石段が有名で、奥社まで登ると1368段にもなる。海上交通の守り神として信仰されており、現在も漁師、船員など海事関係者の崇敬を集め、海上自衛隊の掃海殉職者慰霊祭も毎年、金刀比羅宮で開かれる。境内の絵馬殿には航海の安全を祈願した多くの絵馬が見られる。金毘羅講に代表されるように古くから参拝者を広く集め、参道には当時を偲ばせる燈篭などが今も多く残る。
                                     【ウィキペディアより】




konpi1.jpg
旭社(重要文化財) - 天保8年(1837年)に建立された銅瓦葺の二層入母屋造の建物で、全体に多くの美しい彫刻がなされている。神仏分離以前の松尾寺の金堂であり、そのあまりの豪華さに江戸時代に参拝した森の石松は本堂と誤り、ここへの参拝のみで帰ってしまったと伝えられる。 【ウィキペディアより】

だそうで、確かに立派でした!

konpi5.jpg
奥社まで1368段のようですが、一般には785段までで、引き返します。もちろん私たちもハーハーゼーゼーふらふら ここまでです。

konpi4.jpg
泊まった宿から見下ろす町は・・・琴平町?

konpi2.jpg
”うどんや”とはわかりやすいexclamation
konpi3.jpg
ここでも讃岐うどんを一杯、朝打ったばかりのうどんはコシがあり、味わい深いものでしたexclamation×2

konpi6.jpg
ここは和三盆も有名のようです。 和三盆のロールケーキるんるん

夜は温泉につかり、お決まりの卓球を楽しみ、翌日は東山魁夷せとうち美術館を訪ね、高松市へ移動、高松城跡散策  そして最後にうどんを一杯(これがちょっと失敗でしたふらふら、うどんには天ぷらが付き物と思い食べたのが間違いでした。しばらく胃もたれしてがく〜(落胆した顔)

香川のうどんを食べる旅は一泊二日の小旅行、久しぶりにペタンク抜きの旅でしたわーい(嬉しい顔)
posted by Mon Soleil管理人 at 10:12| Comment(0) | 日記