ブログのお引越しをしました!

新しいブログはコチラです↓↓
「ペタンクとイタグレ・プッチーニ」
http://blog.goo.ne.jp/petanquepuccini


2012年04月01日

三郷大会

今日は埼玉県三郷市で「第23回水郷みさとオープン大会」が行われました。

優勝は、K藤・Y沢・K成チームです。

DSCF1805.JPG

おめでとうございますexclamation×2 (メンバーセッティングしたのは、誰かしら??)
Yちゃんから 「組合せに感謝」というメールいただきましたよン(笑)。

DSCF1797.JPG

DSCF1798.JPG

DSCF1800.JPG

DSCF1794.JPG

DSCF1796.JPG

DSCF1802.JPG


ところで、今日の大会は
予選3試合が、30分プラス2メーヌ という時間制限ありで、1試合目が9時からスタートし、
2試合目は皆同時にホイッスルと共に10時開始、3試合目は11時開始 というものでした。

トリプルスの30分は、とてもきついですexclamation
まだ 3:2 だったり、4メーヌ目にようやく入ったばかりだったりします。
11:1でわずか20分で終了した場合は次の試合まで40分の空き時間があります。


10:1で負けていたとしても、最後まであきらめなければ10:11と逆転だってできます(実際に私は10:1から逆転負けの経験をしています。)
それがわずか30分プラス2メーヌとなると9:2で最後のメーヌに入ったとしても逆転は不可能になります。
11点先取なら、9:8 → 9:11 と勝ちもあります。

最終スコアが 6:5だったり 8:6、 9:3だったりします、、、 、、、、

陽も伸びてきて、学校グランドのように時間で退出しなければならない会場でもないのに、なぜ30分なのかわかりませんふらふら

公園内の大時計をチラチラ見ながら、負けていれば ”早くビュット投げてよたらーっ(汗)” 
 ”測らなくても、そちらが近いわよ”  などと内心思いながら、
ついイライラしたり、スコアがリードしていれば ”まー、じっくりやりましょうか〜”
 ”あと2分だから” などと思ってしまったりします。
また、普段 積極的なゲームをしている方が時間ばかり気にして 「1点でいい」と言い出したり・・・
一試合に1時間を設けてあるなら、50分の時間制限にしてもいいのではないかしら???


こんな大会に慣れてしまうことが怖いですがく〜(落胆した顔)
ペタンクって、どんなスポーツだったかしら?
ペタンクの魅力って一体なぁに?
こんな大会をしていたら
 ますます世界のペタンクから遠のいてしまうのではないかしら などと
今日はいろいろ考えさせられました。


ちなみに
シングルスは30分、ダブルスは45分、トリプルスは60分を目安として世界のペタンクは行われているそうです。
posted by Mon Soleil管理人 at 22:50| Comment(2) | 日記