ブログのお引越しをしました!

新しいブログはコチラです↓↓
「ペタンクとイタグレ・プッチーニ」
http://blog.goo.ne.jp/petanquepuccini


2011年02月02日

ペタンクは13点で

”ペタンク” は、13点先取したら勝ちです。

いつから、日本は11点先取のゲームにしたのでしょう?
会場、日照時間、参加者の都合などで、日本の大会の99.%が
11点先取で行われているのは事実。

練習試合で、時間がたっぷりあっても、陽が高くても、当たり前のように11点先取で
ゲームをしているのではないでしょうか。。

ある日、とある○○県のトッププレイヤーの方とたまたまシングルスをする機会がありました。
ティールを次々に決められ足元にも及ばない試合展開で、
その時スコアーは 8:3 でした。
次に、その方が3点入れ 11:3 になった時に、「お疲れ様!」と
言われ 「エッ???まだ11点ですよ。」と言ったら、ハッハッハッと
一笑されました。
「負けず嫌いだね〜。OK,OK,13点までやるの?(笑)」と
言われたのです。

心外でした。Tokyo league、夢の島シングルス大会、普段の練習も我々は13点先取で
やっているので、逆に、素晴らしいプレイヤーの方が地元で、平気で普通に ”11点” の
試合をしているとわかった途端に、スーッと興醒めしたと同時に、
とても寂しい想いが沸々と沸いてきました。

本来のペタンク ”13点先取” の大会を日本では本当にできないものでしょうか?

アジアや世界へと、これから羽ばたいていこうとする人たちはもちろんですが、
できることなら、皆さんの意識(常識?)を変えて、ちょっと見直してみるのも
いいかもしれません。
日本独自のものを無くしていかなければ、世界との差が縮まっていかないような気がします。


キャンテとジャンク 019.jpg キャンテとジャンク 015.jpg
「ジャンクスポーツ」(フジテレビ)出演のために来日した際のキャンテ選手。
TVでまたペタンクを取り上げてくれるといいけど・・・・・
posted by Mon Soleil管理人 at 01:35| Comment(3) | 日記